ウッドベルツアーズ

留学生と交通事故   

2013年06月09日

お客さんから聞いた話)留学生と言っても若者とは限らない。
最近シニア層でも英語の勉強に訪れる方が多くなってきた。
彼は、私より少し年上 それでも英語が少しできるようにと 勉強を始めた努力家である。
最近アパートを借りて通学に免許のいらぬ電動バイクを買われたようだった。
私が見たのは真新しい電動バイクでモーターバイクに見えるような形の電気バイクだった。
その時 インタビューで バイクで学校まで通学ですか?なんていった記憶がある。
いやー!これは免許のいらない電動自転車です、時速50キロ以下しか出ませんから ちょっとした足代わりに使おうと思い買いました。
それは良いですね!でもここの人達の運転は、むちゃくちゃですので気を付けて下さい。
スピードが出ない分 安全運転をしようと思います!なんて談笑話だったと思います。
それから約1ヶ月後お店に来られ この事件を知りました。
フィールズの一本裏道り、ちょうどカリホルニアホテル(韓国資本)の近くで自分はまっすぐ走っていたのだが!急に前方の対向車が右に旋回し自分の前を横切ったのです。
急な出来事に30キロ程度の電動バイクは、そのまま車の真横に吸い込れ衝突した。
一時気を失い 頭がもうろうとして動けない、救急車も到着して病院に行った。
ヘルメット装着で助かった!!体も足も打撲していたが、しばらくして正気に戻った。
病院代は自腹、そして、事故現場に戻り 警察で捜査協力と調書でまる一日潰れた。
相手の車は、韓国人のおばちゃんの乗るワゴン車、まずギャギャわめき立てるおばちゃんが気に障る。(韓国人のおばちゃんは年だが けっこうな美人だという)
どだいウインカー(ターンフラッシュ)も出さずに折れ曲がるドライバーもいい加減だがすべての責任はドライバーにあると主張するおばちゃんは車を直せとこちらに詰め寄る!
何言っているんだ!当方のバイクを直し、それと治療費を払うのが当たり前だろう!
それはドライバーの問題 ドライバーからもらってくれ(雇い主なのに自分の責任は無いと言う)そんな馬鹿な!あんたも車に乗っていたんだろ!あんたが車のオーナーで運転手は、使用人なら 悪いのはそちら側!責任を取って支払うのが当たり前だろう?
道路交通法なら、反対側車線に渡る時は前方を注意し ターンフラッシュをだし 安全を確かめて渡る!進行方向を進む車が優先だろう!警察でもこの主張が認められたが、頑として車を直さねば、訴えると詰め寄る韓国人のおばちゃん。
事故はドライバーの責任で、ドライバーからもらえの一点張りで話にならない。
うなだれる運転手、とても彼には返済能力など無い!無理をとうそうとするおばちゃんに警察も困惑気味 訴えるならどうぞご勝手に、受けて立つ旨を話し、その場を立った。
事故は、自己責任で すべて自分持ちとあきらめた!これがフィリピンで事故を起こした時の!本当の結末です、相手が悪かろうと全て自分に掛ってきますくれぐれもご用心を。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP