ウッドベルツアーズ

心配な地震続発   

2013年06月23日

日本と同じで ここ最近 小規模ではあるが余震が続くフィリピン。
19日午後(7時5分頃)にマニラ首都圏で地震があったという。(私は感じなかった)
地震の規模を示すマグニチュードは4.4で、震源地はポリリオ島北西40キロ。震度3=ケソン市、震度2=マカティ市、モンテンルパ市、タギッグ市。
今月に入ってからは特に多く、報道されているものだけでも既に6回発生しています。
6月8日 スリガオ M5.6
6月9日 ダバオ・オリエンタル M4.5
6月15日 イロコス・ノルテ M4.9
6月16日 コトバト M3.3
6月19日 アグサン・デル・ノルテ M4.3
ネットによりますと、フィリピンで最も被害が大きかった地震は、1976年にモロ湾で発生したM7.9の地震で死者4,791人、行方不明者2,288人、負傷者9,928人だそうです。
私の記憶にも残っているバギオ市のハイアットホテルが倒壊した 1990年のルソン島 北部地震では、死者1,666人、行方不明者1,000人、負傷者3,000人以上が記録されています。
以前にも書きましたが1665年6月19日に発生した地震で19人が死亡したと記録されています。(今より358年前)
が!これは白人の数だけの模様で、当時スペイン占領下と言う事情で、フィリピン人は家畜以下の状態だったので死者数には数えられていなかったという訳なのだそうだ?
と 知人から聞いた事がある(前も書いたが、それゆえフィリピン人死者はカウントされなかったという)
当時はまだ震度を計測するような設備も機械も無く、地震の強度は記録されてはいませんが!とにかく、フィリピンは地震がない国と思われがちですが、そんな事は無いと思います。
意外にも日本と同じ地震大国のような気がしてなりません。
異常気象と異常地殻変動、何もなければよいが、最近少し胸騒ぎがします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP