ウッドベルツアーズ

誤解も甚だしいよ!日本人 2   

2013年06月29日

日本は平和だ、お金持ちだ、経済大国である、これは本当の事で 事実です。(だけど!)
他国の事をうんぬん言って遊んでる場合じゃーないでしょう!
小金を持って遊んでいる赤字国債発行の国の人達のつけは誰が払うのでしょう?
若い世代だけでは、もうしのぎ切れないところに来ています(未来の若者に付けを回すのですか?日本の財政再建はどうするの?俺は知らないって!今現実が迫っているのにそんなの無責任でしょう!)
俺は、別に借金して遊んでいるわけではないし、国の借金が危ないなんて実感がわかないし 日本はフィリピンみたいになる訳じゃないし!関係ないんじゃない?
日本人 個人の総資産は、1400兆円もあるから心配ないだろうて!
借金といっても同じ日本人からの借金で、その金利は日本人に入るし 外国人保有率は、たった8%しかないんだろ?償還(返済)さえできればいいんだろ?俺は国債なんか持ってないから大丈夫?(そう思っている日本人は多い、バカ言ってんじゃないよまったく!)
もしかしたら財政破綻を招きかねない状態にある事も知らないの?
今 負債額は日本のGDP比200% ギリシャの170%をはるかに上回る水準にある。
少しでも我々の世代で解決策を練ろうよ、真剣に!
まず、人口が大きくなる時代に作らせた制度では、人口が少なくなっていく時代に合わない。
移行期の今が一番大変で、どう不時着させられるかをアイデアを出し合い政府に働きかけようよ!われわれの世代が一番人口が多く影響力も強いのだから。
可能性としては低いかもしれないが2014年から財政破綻のきっかけを作りかねない状態にあることを知っていますか?
あと1年で1400兆円の個人資産より公債の借金が上回るようになるかもしれない。
私達は、歴史的な分かれ道に立ち会う事になる。(それは必ず起こる)
今までに繋がる不況20年 公債を返還しない方法(デフォルト)という道もある事はあるが!日本の公債がもしデフォルトしたら!世界中の大混乱は避けられない!
それより怖いのは、日本の若者の将来をだいなしにする事です!
アイデアは3つ まず年金、年金負担世代は社会保障事前積立金に移行せざる負えない。
年金は極少額になることを覚悟しましょう。
少子高齢化時代の、税確保は 増税しか その道は無いと覚悟する。
今だけの事は考えず将来の為に、財政の引き締めを徹底的にやる。(非ケインズ効果とよぶ)
古代ローマ帝国でさえ経済原理に負けた!必ず栄枯盛衰は時を移して必ず起こる事を覚悟する。
日本の公債いつまで貴方は信じられますか?
今こそ最悪の事態を避ける為 動き出さなければなりません。
余裕のある人は、年金など貰わなくとも良いでしょう。
少額をもらうより 私は年金の辞退を申請します。(もう年金は当てにしません)
少しでも国庫金を減らさず 借金を作らないようにしなければ、改革は出来ません。
まず余裕のある 我々世代から始めましょう。(必ず年金は立ち行かなくなります)
もう現状を変える努力をするしかないでしょう!現状維持バイアスではとても無理です。
損失回避バイアス(得る得より損失の方が多く感じる)感覚では立ち行きません。
もう待ったなしの状態なのです、その危機感がまったく日本人には無い 最低ですね!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP