ウッドベルツアーズ

救われたおじいさん   

2013年07月23日

聞いた話) 久しぶりに会った アンへレス在住者の一人で、Sさん 何か変わったことがありますか?と聞いてみた!
私も最近聞いた話で、そのおじいさんは 前から知ってはいたのだが!
日本人だったとは!これは、後から聞いた話である。
マバラカットのSMのスーパー 以前はマクロであつたが、SMに吸収され もう3年近くになる。
その近くのジープニー乗り場兼 集積場に一人の やせた背の小さいおじいさんが日陰にいつも うずくまっていて、ジープの運転手に1ペソをくれと手を差出し ねだる光景は良く目にしていた。
私も渋滞で止まり、手お差し出された時5ペソ10ペソのコインはあげた事がある。
でも 実はそのおじいさんは 日本人だった!と教えられたのは、ついこないだだった!
たぶん日本人とバレるのが嫌で言葉を発せづ オーオーとしか言わず頭を下げて日に焼けた黒い手を差し出し、少しでも受け取れば両手で持ったコインを頭に付けお辞儀する しぐさがまだ目に残っている。
その おじいさんの住んでいた ほったて小屋の近くに住む フィリピン人とジープニーのドライバーから聞いた話で、フィリピンで行方不明の父親を長年探していた娘さんと、大使館員の職員に無事保護され日本に帰ったと言う話しなのでした。
Sさん、その話を聞いた時の第一声は、あの おじいさん日本人だったの~?
ほんと~に~!という驚きの声だったそうです。
迎えに来た娘さんに、無言でうなだれていたと言うおじいさんの姿を伝え聞き、何か哀れさも感じますが、すべては自業自得 何とも言えない所業の悲哀を覚えます。
小屋の中にはトランクに入りきれないほどのコインを貯めこみ 持っていたという事ですが!
帰途に就く、迎えの車に乗り込む前に 近所の人達に感謝のしるしとして娘さんがすべて分け与えて帰っていったという事でした。(娘と言っても中年以上の御婦人)
でも本当に良かったですね!良い話ですが、帰るところがある人はまだ救われます。
最近 自殺したり孤独死される方も、いるようです。
全て自分の選択です、異国で一人さびしく死ぬ そんな事のない様にしたいものす。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP