ウッドベルツアーズ

世界で成功した若き起業家(46歳)   

2013年09月06日

トニーフェルナンデスと言う名前を知っていますか?
今マレーシアを本拠とするLCC エアーアジアを率いるCEO(経営者)だ。
設立当時は、9,11にニューヨークのツインビルにジャンボ飛行機が突っ込むと言う大惨事のテロと同時期に始まり、航空不況の真っ只中に船出をしたが、あらゆる困難を克服し今、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を遂げた。(私はまだ乗ったことがありません)
コスト競争力(ユニットコスト)というが(1座席を1キロ運ぶのにかかる費用)あらゆる経費が含まれ、大手航空会社では平均10円がエアーアジアでは3円と言われている。
いま世界で最も安い基準で飛ぶ航空会社なのだ。
トニー氏 曰く ローコストでも サービスの質が悪いわけではない ローコストと言うのは低品質と言うのではなく、乗客に選択肢を与える航空会社なのだと言う。
彼はマレーシアに生まれ、母は音楽教師父はインド系の医者で彼本人は、小学校から大学までイギリスに留学し勉強をしたのだそうだ。
貧しかったマレーシアで育ち、(現在のフィリピンと同じ) 父親の後ろ姿を見て幼少時代を育ち。
時の人 マハティールの指導により (首相在任22年間 国はマレーシアのマハティール首相が提唱する ルック・イスト政策 日本に学ぼう と言う姿勢を取り入れ著しい経済成長を遂げた)
そんな人に後押しをされる幸運を得て (もちろん自分自身の努力とアイデアで立ち上がった)エアーアジアと言う会社を買収し現在に至る。
幼いトニーに、父の教えは(訓戒教育) 私達は、たまたま恵まれているだけだ!世の中には そうでない人が大勢いる。
いや そういった人の方が多いんだ 『恵まれない人を助けるのは 恵まれた人間の義務だ』 と教えられ 今でも彼の信条に残っているそうだ。
人は皆 平等に作られているはずなのに!病院に行ける者はこの国ではほんの一握りの金持ち階層だけだ。(彼の父は、貧しい人達を無償で診察する医者であったと言う)
また、飛行機に乗れるのも、ごく限られた金持ちだけだったので彼は、誰でも乗れる飛行機をめざし、会社を起業し 彼は空の民主化を目指しているという。
そんな 自分の夢に向かって突き進んでいる、一人のわかきCEOのドキュメンタリーをテレビで見た、素晴らしいアジアの夢追い人だと思う。
今は、新しく保険業界にも参入しようと しているらしい?
誰もが簡単に安く加入出来るような、保険にする為に 現在立ち上げを模索する。
契約書も簡素に長文では無く 解りやすくする事に勤めるそうだ!
また一つ新しいプロジェクトがスタートするみたいだ。
そして、また彼の父親の夢である 誰でもが安く診察治療を受けられる病院作りを 今後目指すと言う!私も応援に回ろう 頑張ってほしいものだ。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP