ウッドベルツアーズ

不動産取引は気を付けて   

2013年10月05日

もう3年も前になるだろうか一組のカップルの結婚を当ブログで紹介した。
新婦19歳 新郎60歳のカップルが誕生したのだ!
多くの人は、その年の差ゆえに無理だとか 懐疑的に見ており、すぐダメになると言う予想が大半であったが、でも 私は、その可能性を見出し 40年も年の差があるが 誰が何を言おうと、前向きに生き、頑張ってほしいと送り出した!(結婚式にも参列)
今回その2人が今フィリピンに帰って来て 私を尋ねてくれた。
ヤー久しぶり仲良くやっている?
えーおかげさまで 何とかうまくやっています、日本では親子(娘)で通しています(笑)
今回2人でやって来たのは、彼女の家族の為に、フィリピンに家を買う為です。
フィリピンでの不動産取引では どんなことが大切かマスターに聞くためです!
彼女もフィリピン人ですが 何も知りません!親も買ったことが無い為、弁護士も知りません。
物件は大体決めて来たのですが?・・・私)そうなんですか?
では買う物件を良く点検しましょう、まず 水はけは良いか? 権利書は大丈夫か、家の造りは大丈夫か?水道や下水の処理設備は大丈夫かを まず良く解る人に見てもらう事が肝心です。(買う前の事前調査をしっかりしておきましょう)
契約は急がない様に 個人の売り買いなら弁護士を立ち合わせる事など、アドバイスをした。
弁護士を入れたいが、ロイヤーを知らないので紹介してほしいと言われたので。
考えた末 その辺の事情に詳しいSさんを紹介し お願いした。
家屋の作りに詳しいSDさんを紹介し 一緒にお目当ての家を見に行ってもらった。
それは新築の建売だと言う、小さいが1,2ミリオン(約250万円)の家だがモデルルームを売ってくれると言う話だった。
すぐ一緒に見に行ってもらった SDさんから電話が掛って来た!
鈴木さん デベロッパーが嘘ばかりつく こりゃー駄目だ!!!
それに土地が低い たぶん大雨で床が水につかる、日本人が買うとみて1,2ミリオンが1,4ミリオンに値上がりした?(そんなばかなー!)
それに よく聞けばモデルルームを買うと言う話が、追及するとその裏手の物件に話が変わった。
もし モデル・ルームがほしければ1,5ミリオンになると言い!
しまいにはモデル・ルームは売らないと言う話に変わり、話は2転3転と入れ替わる。
フィリピンでは良くある 典型的な詐欺商法だ!多分奥さんと2人なら完全に騙され?
手付を払ったなら、間違いが解っても払った手付は戻ってこない。
たぶん買った住所は契約書では変更され、モデルルームと同じつくりの物件に入れ替えられ 貴方が買った家はこれですと言い張り、変更は受け付けない。
(契約書面では、敷地の住所が変わっている、同じ形でも作りは劣悪の物件になっている)
引っ越しの時に初めてわかる手口 (これも昔からある物件すり替えの手口です)
やはり、大きな買い物をするときは信頼できる人に相談するのが一番です。
フィリピンでは 多かれ少なかれ知らない人が馬鹿を見て損をします。(大手デベロッパーでも同じ)
信頼出来そうでも 相談する人物を間違うと さらに傷が広がります。
これで3人目です買い取り物件で 私に相談して 不動産取り引きで騙されずに済んだ人。(あくまで金を払う前の相談だから救われたんですよ!)
全てが自己責任の国です、不動産地取引はよくよく気を付けて下さいね!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP