ウッドベルツアーズ

手入れの入ったバー カルーセルのもう一つの情報   

2013年10月20日

お客さんから聞いた話では、警察に踏み込まれた本当の理由は売春の検挙だそうです?(あくまで聞いた話です)
最近お店ではバーファインと言う言葉は禁句、あくまでボトルを入れたお客さんと気が合いダンサーが早退すると言う設定でのデートにするようなスタイルだそうです。
しかし今回は 外で見張っていた警官が腕を組んで出てきた男女に職務質問と言う形で調査に入り 店の伝票と突き合わせ踏み込まれたと言うのだ。
これは最近では、新しい情報です!
そういえば最近いろんな店でいろいろなシステムが導入された。
ボトル注文タイプや、ドリンクを10杯以上頼むシステムとか、店はバーファインは無いと一見さんは断る店とか、別々に店から出てどこか指定の場所で落ち合うスタイルとか、色々と店側では考えているが、どうも今一決め手に欠けるシステムばかり。
たぶん管理売春にならない様に店としてはいろいろ考えてはいるようだがスマートなものが無い。
だが、権力側のこんな取り締まり方ではお客さんまでとばっちりが来る!
これでは益々ショウトステイ型の(旅行客)のお客さんを減らす様な事になる、困ったものだ!
当分店と警察(権力側)の綱引きが激化しかねない。
どうも前回シティホールでの話し合いでのコミッション値上げの提案を店側(組合)が蹴ったみたいだ?
これからアンへレスはバーファインの無いバー街に変化していくのだろうか?
でも きっとお客は半減すると思うが、健全化の始まりのサインだろうか?
店側が 降参白旗を上げ、コミッションをあげバーファイン代も倍額近く値上げ!
なんてことになるか?11月のシーズンを目前に店と権力側の攻防の様だ!
また新しい情報が入り次第報告する。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP