ウッドベルツアーズ

飛込んで来た人の結果が出た!   

2013年12月06日

翌日また3時頃 携帯が鳴りSDさんから結果報告が告げられた。
いや~まいりました!
英語で書かれた文章はヒット・エンドランつまり『引っ掛けて逃げた』それはひき逃げだ!と言うのです。
この場で拘束をして裁判にすると言う物ですが(これは絶対脅し)
でもあまり怒らせて、そんな手続きに されるのもバカバカしい ここは穏便にと!
警察に顔のあるボスも 口をきいてくれて話は続く。
所長も出てきた、車の書類不備の罰金が1000ペソこれは何処でも同じ。
そして、女性との和解金5000その他の罰金が14000ペソ全部で20、000ペソだと言われたらしいが?まず最初の提示金額8000ペソでどうか?と値切り交渉に入った!
しかし、もう相手の手の内に入って居る、此処ですぐ拘束も(体は拘束、車は更迭没収)されかねない!
穏やかに徐々に値切って行ったらしい!旅先であまり持ち合わせも無い!
知らぬ道や、知らない法律、つい頭に来て冷静さを失い暴言を吐いた事は謝りますと泣きを入れます。
(ここでは、ポリスにくってかかったり暴言を吐けば、すぐ公務執行妨害が付きます、今後、皆さんも気を付けて)
オフィサーにはいつも丁寧に、下た手に出る事が大切です。
でも言う事は言う そして前言を翻さない!当たったかもしれないが、よく覚えていないという事と、大したことは無いと言う楽観視が思わぬ事態を引き起こすかもしれません。(覚えが無くても親告罪 相手が当たったと言えば外人は受け入れるしかない)
もし当たったかな?と思えば すぐに車を降りてソーリを言い、大丈夫かと相手を気遣う!
相手が外人なら、恥ずかしがり屋で、少し痛かった位なら、相手はアノ・ワラ・マン(何でもないです)と返してくれます。
その時 重ねてソーリ―といい握手をすれば大事に至らないケースも良くあります。
この国の心得は、まず相手を尊重する事から始めなければなりません。
たとえ理不尽でも我々はこの国に来させてもらっている、そしてこの国の良い所を利用させてもらっているのです。
此処は他国であることを再認識しましょう!特にトラブルに至らない様にして楽しく過ごす事を優先してください。
そして、10、000ペソで話が付きました、たぶん上司が出てきた分値上がりしたくらいで無事解決へと持ち込む事が出来ました。
そんな報告が来てSDさんには、 お疲れ様とねぎらいを添え一件落着です。
Yさんも少し勉強代が掛りましたが、これからは安全運転に勤められるよう お話しました。
我々は、動くATMに見られがちです、トラブルに巻き込まれないように、細心の注意が必要です、それでなくてもいろんな事件に巻き込まれやすいのです。
これ以後ご注意をお願い致します、そんなお話をしてお帰り願いました。
まあ何とか乗り切れましたが 飛込んでこられた方の、こんな事件の顛末でした。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP