ウッドベルツアーズ

1月の総括   

2014年02月02日

本年も1月から色々な方が私を訪ねて見えました。
入院期間と静養期間を合わせた13日間を除き、お店に出ていた時には、たくさんの方々とお会いし、また いろんなお話も させていただきました。
友人達も続々フィリピン入りを果たし 前半はとても忙しく立ち廻っていました。
中には3年もの長きにわたり私のブログを見続け、この人なら自分の悩みを聞いてもらえるのではないか?
と!わざわざマニラのマリキーナと言う処からおいでいただいた方もいらっしゃいます。(日本では重要な職責を全うされている方です)
また南アメリカのコスタリカと言う国からこのフィリピンに遊びに来られた方にもブログを楽しく見させていただいています!なんて言われたことが印象的でもありました。
けっこういろんな方が私のブログを見ていて下さるのだな、なんて感激を覚えたりもしています。
そして今回 又入院をして沢山の激励メールをいただきまして 誠にありがとうございました。
お一人お一人に返信メールが出来ず、このブログ上にて感謝の意を申し上げます。
我ら団塊の世代の大量定年による離職で、やはりフィリピンに住まわれると言う選択をされる方が多くなって来ているようにも思われます。(1月だけで3名の方が相談にお見えになりました)
特に奥様がフィリピン人であったりする場合など(日本では御主人が奥さんをリードをされていた場合、日本では良いがフィリピンでは当てはまらない)問題がかなり出やすい事も真実の様です。
風俗、習慣の違いに加え、社会のシステム上の問題整備がかなり遅れ、外国人にはすべて不利と言う環境の中で、奥様に頼る事が出来ない家族環境もあり、生活上の規範がもろくも崩れ去るなどという事を経験されると思います。
そういった時こそ『遠くの親戚より 近くの他人』信頼できる人間関係を形成いたしましょう。
私も沢山の出会いに助けられて今日まで生きてきました。
でも、出会った人がいい人ばかりだとは申しません、とんでもない人もいます。
騙された事や 引っ掛けられた人もいます。
でも それでくじけているだけでは生活は成り立ちません。
あくまで自分が選び取らなければいけない事は、大前提という事でお話もしています。
どこで生きても 試練は付き物という事で、強く生きなければならないのです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP