ウッドベルツアーズ

フィールズでも幅を利かす韓国人達   

2014年02月04日

久しぶりにフィールズのバー街に出て見た。
9時だと言うのに人影もまばらだ、それにフィリピン人と韓国人以外は歩いていない。
たまに白人と出くわすぐらいで、グループ姿の白人達には出逢わない。
久しぶりにマッサージ屋のダイちゃんを訪ねた。
昨年に比べると暇ですよー外を歩く人間が少ないですよね!
歩いているのは韓国人ばかりで、マレー系の人達もかなり減った感が居止めないです。(前年度対比では3割減で、苦しいです!でも頑張っています)とダイちゃん。
私の店などもっとひどく前年対比100,000ペソも売り上げがマイナスになりました。
今年は苦戦が予想されます、褌を引き締めて頑張らなければなりません!
ここフィールズのバー街では、韓国系のバーがものすごく増えました、でもその店にもあまり客は入って居ないらしい!と言う?
どうやって採算を取るのだろう?と不思議がっていましたが?やってみたいだけの人が増えたという事なのでしょう?
バーの名前もコロコロ変わる昨今、新規の名前を覚えるだけで大変です。
バーのママさんたちの悲鳴が毎日聞こえて来るそうで、日本人のお客さん紹介してと良く頼まれるそうです!
またその代わり、お店のママさん達にも韓国の人達は、えらく評判が悪いという。
店のダンサーたちにフィリピン駐在の韓国人ビジネスマンや留学生が結婚をほのめかして店の女性達と関係を持ち、最初は調子よく金払いも良いが 生まれた子供の責任も取らずに帰国する事例が相次いでいる様で 女達は、ただ乗りばかりされていると言う物だ。
それでも、フィールズ界隈では毎年韓国人の数は増えていると言う。
またそれに付け韓国人とフィリピン人の間に生まれた『コピーノ』と呼ばれる子供達。
2012年 2年前の調査時点でフィリピン全体に2万人の数にのぼるという推計もある。
韓国経済も今では下り坂の傾向にあるにも拘らずフィリピン進出の勢いは止まらない。
一体何が後押しをしているのであろう?
自分の知り合いの韓国人の方など、日本人とは人付き合いの良い方もいるのだが!
嫌われ組の韓国人どう区別をして接すれば良いかは、依然謎が多いので、多くはなるべく関わらないようにしているのが私の現状です。
韓国の方々の集中砲火のようなフィリピン進出に、フィリピン人との軋轢が表面化している今日現在です。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP