ウッドベルツアーズ

フィリピンのインフレが急激に進んでいる   

2014年02月05日

マーケットや小売りの値段がじりじり上がっているのが実感できる。
最近フィールズのバー街にも影響が出始めている。
とうとうバーファインの4000ペソの店が誕生した。(マニラと変わらない!)
通常ドリンクも120ペソと言う値上がりぶりだ。
フィリピンもだんだん住みにくくなる、マニラなど かなり物価が上がっているみたいだが!在住の皆さんは、どんな生活ぶりをされているのであろう。
寒い冬には、ゴルフもあたたかいフィリピンでと!
韓国からは大挙してお客さんが飛んでくるみたいだが?
韓国国内より フィリピンでのプレー代が安いと言うので、コースが出来上がり評判の良いゴルフ場はゴルフのプレー代もどんどん値上がりしている。
ゆくゆくは、ミモザとプレー代金が同じくらいになってしまうかもしれません。
今では日本でプレーをしたほうが料金的には、安いなんて逆転現象も起きています。
最近マーケットでも野菜が高く、一部の商品を除いては、日本より高いなどと感じています。
フィリピンは物価が安いなどと、どうしてそんな事が言われているのか解りませんが?
フィリピンで安いのは人件費位です、それと酒とたばこと女?
最後の女は、一時レンタル料金で専属にすれば料金は5倍に跳ね上がります?(笑)
生活費に比べればガソリンなどは異常に高く、車も(中古車等)はかなり高いです。
こんな調子でインフレが進むフィリピンで人々の暮らし向きはだんだん苦しくなってゆくばかりです。
この国の歴史に根付いた経済システムでは庶民にお金が回りません。
お金持ちがよりお金持ちになり、権力者がより権力をふるう為にお金が集まるシステムで、庶民は、そのおこぼれしかもらう事が出来ず、それも低賃金で働くように国民の奴隷化が進んでいる国のシステムなのです。
またその辺の事は、まとめて書きたいと思いますが、興味のある方が少ないのでいつになるやら(笑)
とにかく給料が上がらずインフレが進むこの国、外国人である私達は ここ当分円を大量にペソに変える事は生活防衛上 止めておきましょう!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP