ウッドベルツアーズ

ハニートラップ   

2014年02月20日

最近高齢者が元気だ、うちの店にもたくさんの高齢者が来る。
その中でも インテリジエンスの高い人に 多くこの現象が目立つようである。
たとえば、高齢でも英語が喋れる人や、コンピューターに強い人など ネットで女性とのコンタクトが容易に取れる人を多くは指す。
しかしフィリピンには、いろいろなトラップ(罠)が待っている。
最近聞いた話では、日本で、無料通信ネットを使いフィリピン女性と知り合いぜひ!会いたいとか?最近結婚に失敗したとか、災害で家を失い困っているとか?
援助を願い出る女性が多くいるみたいで、ついつい鼻の下を伸ばし このフィリピンまでやって来る男性が多くいる。
特に高齢者が(60歳以上)が、これにはまっているケースが多いと言う話も聞こえてきている。
しかし フィリピンでは、ホテルで会って部屋に女性を入れると 電話が掛って来て、夫が現れたり、ホテルレセプションから電話が掛り 下に降りると、その間に女性とスーツケースがが無くなっていたり。
油断している魔に現金を抜き取られたり!相手が18歳という事で部屋に入れたら16歳で警察がやって来て、逮捕されたり!などという事がたびたび起きている。
警戒しホテル、ロビーで会えば、美人の友人を紹介され、彼女の家で誕生日パーテイが開かれていたりして 一緒に行かないかと誘われ 付いて行けば博打や、葉っぱで現金を巻き上げられる。
まかり間違っていい思いをした人には、帰りのスーツケースに解らない様に麻薬が仕込まれていたりで 大変な事態となっている。
今回、海外旅行者の中には、関空で摘発される高齢の運び屋が急増していると言う。
覚醒剤やコカイン 高齢者が海外から日本へ不正薬物を持ち込む「運び屋」に仕立てられる事例が昨年から急増していると言う記事も読んだ。
(毎日新聞) 高齢者が海外から日本へ不正薬物を持ち込む「運び屋」に仕立てられる事例が昨年から急増している。
関西国際空港から 覚醒剤を密輸しようとしたとして昨年、大阪税関が関税法違反容疑で摘発した8人のうち 60歳以上は5人。
2011、12年は0人だったことから、大阪税関は「高齢者を敬うことで検査が甘くなると踏んだ新たな手口」とみて、警戒を強めている。
その中の一人は、フィリピンからの密輸コカインの運び屋として 利用されてしまったとみられる。
そんなハニートラップが急増しているので、鼻の下を伸ばしたおじさん達に警告です。
私の知り合いにも何人かはいますが、大きな痛手をこうむる前にやめた方が良いと思います。(そんなに簡単にタダマンや良い話はありません)
ネットで友達や恋人作りは、大変大きいリスクを伴います。
(俺は大丈夫だと言うあなたが一番危ない)
くれぐれも気を付けていただきたいと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP