ウッドベルツアーズ

ある困窮日本人(私の経験した事を書いてみます)   

2014年03月02日

以前からの知り合いの一人です。
このアンへで暮らす日本人が居る。(私も知り合って4年位になります)
私は、少し気のどくに想い 時々(1週間に一度位)マクドナルノを奢り 一緒に食べながら話しをする程度ですが いつも元気な様子です。
もうビザの更新は7年近く止まっていると言う。(現在オーバーステイだがポリスは金の無いオーバーステイなど相手にしない)
彼の生活と言えば 駐車場で車を止めた人達からのチップをもらい、周りのフィリピン人の雑用をこなして生活をしているという具合だ。(もらう金は少ないが 食べてはいける)
そんな彼に、立ち直るきっかけとして、仕事の話を持ち込んだ!(単発的なドライビング・ドライバーだ)
継続的に採用するには無理があり、たまにドライバーが居ない時の単発的なアルバイトの お願い仕事です。(日当1000ペソ位 日本人ならではの良い日給だ)
そうでないと雇う側に迷惑がかかる。(外人が働くには労働許可証がいる)
運転免許にトライした!(外国人に、又 オバーステイ者に免許が取得出来るのか?)
こんどが3度目のトライであるが、今回はうまく行きそうだ!)
しかし 彼は長い間、車関係の仕事をしており以前は、日本で免許も持っておられたと言う話なので、運転は出来ると踏んでいた。
しかし、今回私が横に乗って運転をさせてみた!
少し感覚は鈍いが、やはり以前 車に乗っていたという事で、少しぎこちないが運転は大丈夫と踏んで、クラークの中や公道を私が横に乗り走ってもらった。
でも!まだ十分ではない!固定物の横をすり抜けるのも 車間感覚が定まらず 危なっかしい すごく注意が散漫なのだ!
クラークのゲートの入り方も教え ステッカーの無い車は外側を走ると説明を加えた。
でも、まだまだ スチューデント・ドライバーの枠を超えない。
しかし、今回の雇い主から一度テストで 彼の運転する車に乗ってみたいと言う要望が出された。(まだ早いとは思ったが)
近くに行くだけと言う話に 心配はあったが まあいいか!なんて考えて送り出した。
だが!!その後すぐさま携帯の電話が鳴り、警察に捕まったと言う電話が来たのだ!
しまった!と思ったがすでに遅し!まずポリスに止められたと言う場所まで急いでバイクを走らせた。
どうしよう・・・私の胸の鼓動は、ドキドキしていたが、頭の中はどう切り抜けるかで一杯だ。
現場に付いた!・・・・・・長くなるので話はまた明日に続く
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP