ウッドベルツアーズ

昨日の続き   

2014年03月24日

もう5時も10分過ぎ 9時45分発のPALに乗るにはリミットに近い。
ワイヤーを切断するようにガードに言ってカッターを持って来てもらいワイヤーを切断してもらった。
急いで荷作りし、車で一路マニラに向かった!
車は何とか 2時間前にターミナルに着き 無事帰国となったが、送る途中で車内で少し寝れたようで空港に着けば顔付きもキリリとしまり 何度もお礼のお辞儀をされたのが印象に残った人でした。
しかし、あまりプライベートに触れる事は失礼だが、まっている間 先のホテルのガードマンとの話で この I さんの行状や どうしてお金が無くなったかの経緯が少し理解出来たのでした。
このブログも良く読まれる(ご本人から聞いた)という事なので 少し苦言を呈しておこうと思います。
どうも I さんは酒癖が良くない模様だ。
ガード曰く 酒に酔い部屋にも入らずホテルの入り口ドアの前で寝ていたり。
どこかのバーの前で寝ていて そこのガードに担いでホテルまで連れてこられたり。
酒を飲むと御自分のコントロールが出来ないタイプの人だったと言う。
お金を無くしたその日も どこかの道端で寝ていてお金を抜かれたか?正体がわからなくなるほど飲んでふらつき子供に財布を取られたか?そんな所だろう?。
よく覚えていないと言われた意味が初めて理解できた。
此処は日本ではない まだ金を抜き取られたくらいで済んで良かったともいえる。
日本人や他国の外国人が 酔っぱらい寝ていれば身ぐるみはがされる事もあるし!
何処かに連れ去られることも考えられる。(身代金を要求される場合もある)
正体を無くすまで飲む事は外国に来てするべきではないと思います。
ましてや ご自分でコントロール出来ない様な酒の飲み方をされる人は、こんな危険な国は避けるか?
誰かご一緒に飲み歩く人を連れて来るか?対処の仕方を考えなければいけません。
命の危険もある事を良くよく考えられるべきだと思います。
お客様に対しこんな事を言うのは大変失礼だと思います、しかし私はとても心配しています。
いつしかそんな事で訃報を聞く事は嫌です。
どうぞ ご自愛をされる事を、真に希望するものです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP