ウッドベルツアーズ

とんでもないドライバーの続き   

2014年03月31日

どこまで行ったのだろう?そう考えていると その車に乗っている日本人から電話が来た!
000ホテルの側にいるが?との連絡も、そのあたりはホテルが一杯で、聞いた名前は、聞き覚えがない!(困った)
事務所に電話し 一番北側のゲート セメンタリーのあるゲートの内側で会う事にした。
橋を渡ってはいけないと指示を出したが!
やはり待っていたのは基地の橋を渡った外側。(このバカタレ!つい言葉に出してしまった)
私も諦め 合えただけで良いかと気を取り直し、もう一度基地の中へ引き返し観光を始めた。
そして車を止めドライバーに一言注意を言った、貴方はプロフェッショナルドライバーだろ!それなら前に行かず 私の車の後ろに着きなさいと!
そうしたら彼は、俺はこのあたりをすべて知っている!何処え行きたいか言ってくれ!あんたの車の後は走りたくないという?
なぜなら、のろのろとして、早く走らないからだ!(安全運転で速度表示に従っている)
車は早く走るだけではだめだ、お客の安全を優先し 危険な運転は避けるべきだ!
と言うと 俺は運転がうまく 速く走れるのだ!と言う(典型的なスピード馬鹿)
早く走る事だけでは技術では無い それは無謀運転だ!ここはサーキット場では無い。
お客の安全と 事故に逢わない運転が 私達の仕事だと言うと!
もうどうでもいい!後から付いて行く、それで良いだろうと むくれて言う!
最初からそうしなさいと言おうとしたが、これ以上喧嘩をしても仕方がない。
今日一日安全運転をさせる事が肝心と言葉を飲み込んだ。
無事1日が終わったが!どっと疲れが出た!
明日カーレンタル会社にドライバーのコンプレインを言おうと思うが?
たぶん理解できないかもしれない?
こんな ドライバーばかりだから事故は尽きない!
今回の経験で(社用車のドライバーを持つ方々もきっと同じだろうと思う)ドライバーを持つ皆さんは、よくこんなドライバー達に命を預けていられるなー?
なんて!と思ったりもしているのです。
たぶん同じような経験はしておられると思います。
以前私の自家用ドライバーもいい加減で、それが原因で、自分でハンドルを握る羽目になったのですから!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP