ウッドベルツアーズ

逃げられた男   

2014年05月06日

えー!誰に逃げられたって?
実は、バイキングと言うゴーゴーのお店で見染めた彼女です。
明後日スービックのビーチへ行こうと誘い 4日分のバーファイン(ペナルティ)を店に払い お店から連れだした!(そこまでは良かったけれど!)
彼女は 夜中になって 少し用事がある事を思い出し、用事を済ませて来ると 言う!
理由を告げ帰って行った。(話の内容は私には解らない)
でも、翌日の8時には必ず帰って来ると 約束をし それを信じた彼氏!
心待ちにして待っていたが 9時になっても10時になっても現れず11時半まで待ったが、女は帰って来る事は無かった。
私)なんか帰ってこない様な 悪い事をしたのでは と聞けば?
いえ!そんな事は絶対に有りません 僕は 彼女の言うなりにSMデパートで ほしいと言う携帯電話や靴やサンダル 友人にあげるスリッパまで買わされ大散財。
でも彼女の為に頑張ったと言う。
それなのに帰らぬ彼女に怒り心頭で!俺バカみたい!と反省も!
マスター買ってあげた物は もうどうでも良いけれど、残り3日分のバーファイン代金は本人もいないのに僕が払う義務が無いでしょう?
それは 返してもらう訳にはいかないでしょうか?と私の所に相談に来たのだった。
彼の友人は言う、そんなもん!帰って来る訳がない!女にくれてやったと諦めろ!
そんなもん勉強代さ!俺だってどれだけ煮え湯を飲まされたことか!勉強代だと思いあきらめろと盛んに諭す。
私)そうですね!そういうやからは知らん顔を通し、文句を言えない日本人を暗にバカにして カモにしている様ですね!(ここは一肌脱ぐか)
金は戻って来るかどうかは、解らないが!文句を言えない日本人(話が出来ず泣き寝入りのケースが多い)から、なめてかかられている様な気がするので 一度ママや経営者と話してみましょうとバイキングと言う店に連れだって行った。
まずママにおとなしく道理を通して話をしてみる。
女が一緒にいない以上、ペナルティ代金はお店との契約(店に支払った)のだから返してほしいと!
ママの言い訳は、女はあれから何度も貴方のホテルに行っている?と私の所のメールが来ていると言う。
でも約束の時間を守らず来たとしても お客さんには予定がある、それはルール違反じゃないか?
お金を返しなさいと言う私に!ママは、私の判断では返せないの一点張り!
では、だれに話せばよい?マネージャーか?オーナーか?何処え行けばよい?
押し問答ばかりで時間ばかりかかる。
私もキレ始めて、ついには声が大きくなる!いつまでも御託を並べて返さないのなら、日本人はもう二度とこの店に行かない様にと宣伝するぞ!
ネットの力は馬鹿にできない!あまり日本人をなめていると痛い目にあうぞ!と!
マネジャーを連れて来い!しぶしぶ店の前の韓国レストランに入って行った!
えー オーナーは韓国人か?又一悶着が起きるかな?いやな予感がしたが!出て来たのは まだ若そうな韓国人!お客が困っている、バーファイン代金を返しなさい。
私はフィールズアベニューでレストランを経営するスズキです(自分を名乗った)
さすがえらいもので どうも知っているらしい?
お客さんは日本人がほとんどで、お店の評判を落とすより 残りの3日分を返すのが一番良い解決策だと提案した。
マネージャーは 女本人に連絡を取り、事の真実を確かめ逆に女にペナルティーを課し、3日分の残金を返してきた!(大事にならず良かった)
どっちに転んでも店に損は無い!私は日本人会を代表する者(はったりでは あるが ジャパンアソシェイション)を敵にすれば、日本人のお客はもう二度と君のこの店に来ないぞ!とじんわりと おどした。(さすが商売人損得を考えた様だ) 
何処かに電話をして 返す了解を取り、我々にお金を戻してきた。(やったー!)
その金を受け取り この問題はこれで終わりと握手をしてそそくさと逃げ戻って来た。
内心ドキドキであったが、お客さんには今後先銭は払わないのが得策だと教え お引き取りを願った。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP