ウッドベルツアーズ

全ては企業体質と頭の固い経営陣の人災   

2014年06月04日

全ての日本に有る優良企業や会社は、生き残りを賭けた構造改革を 今すぐする時に来ている。
企業は今すぐ 派遣から正社員を増やし、給料を増やし、生活を安定させ 安心の環境を整え、育児休暇を増やし 男も女も働きや すい職場を作る事を お勧めする。
残業しないでも良い 効率的な仕事を実現し、休暇を増やし 社会保障を充実される事を希望する。
全ての従業員(社員が)子供を作り安定した家庭を作れるように、日本社会に貢献してほしいのです。
そうすれば会社は、栄へ 安定し、企業として存続して行く事が出来る 素晴らしい会社になるでしょう、今すぐに1歩を踏み出してください。
売り上げが減少し 利益確保がまだまだで、そんな余裕はないと言うのですか?
あくまでそう言い張るのなら!バカタレ!お前たちは 昔公害をタレ流した企業と一緒だな!もうじき潰れていく企業となるだろう?
今、提言している環境を提供できない企業や会社は、大企業でも会社は 潰れるとはっきり予言できる。
だって!今働いている社員が 子供を育てられない会社など!潰れるしかないでは ないか?
昔 まだ私が子供の頃か?四日市と言う公害汚染を垂れ流す工業地帯プラントが有った。
テレビで見た記憶だが なぜ公害対策をしないの質問に!儲かっていないからとか!
対策費用が莫大で出来ないとか言い訳を沢山していた様に思う。
それと同じで、子育て支援をしない会社は、大気汚染や公害対策、汚水対策をしない会社と同じに見える。
そんな会社は早々に潰れていく、社会の非難の基となり 社会的制裁を受けて撤退を余儀なくされるだろう!
少子化に歯止めをかけるとは、日本が直面する最大の大問題に、昔の公害と同じ 様に心血を注いで食い止めなければいけない問題なのだ。
結果はと言うと、汚染対策(大気汚染、公害、汚水対策)資金不足に苦しんでも、企業の責任として公害対策を必死にやり遂げて、頑張った企業がそのノウハウと共に生き残り 伸びた過去の実績がある。
いま少子化対策に真っ向から 向かい合わない企業は、会社が成長し利益が出ないと汚水対策が出来ないと言っていた 潰れた企業と同じ運命をたどるでしょう!
企業の責任として、社員が安心して子供を育てる環境を作る会社こそが 今後日本企業として強みになり 規範となって行くでしょう。
そんな企業体質を作った会社が未来に生き残って行くのです。
そして初めて日本経済の成長、自由な競争の基での経 済成長が実現するのです。
それからもう一方で、常識にとらわれないで 働き方の多様性を 実現する事です。
自由な働き方こそ、今までの固定概念を崩し 自由な考え方を生み出す 自由空間を作り出す成長の秘訣なのです。
成長の為に何をするか?日本と言う強みを自覚する事と グローバル教育2020年の先を見つめる具体的な1歩を今踏み出す事です。
今 それを日本の全社一丸となって実現する事です、それを願ってやみません。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP