ウッドベルツアーズ

4時過ぎにビガン到着で感動   

2014年06月11日

海岸線に近い所を ひたすら走り抜け、おなかがすいたが 何処にもドライブインらしき所は無い。
有るのは、チャウキングやマクドナルド、ジョリビーと言うどこにでもある看板しか 目に入らない。
田舎の1本道をひた走る、グリーン・ウイッチの看板が 有ったので ここにするかと?車を止めた。
看板の横を、ふと!見ると日本食らしき名前の店がある、ヤッターここだと!決めて中に入るも少し期待外れ。
それでも我慢して食べるも!味も期待外れで、やっぱり!!という事になったが、ビガンは此処からは、約1時間だと聴き もうすぐだと気持ちのテンションが上がった。
車を思いっきり飛ばしても 途中に道路工事の場所が有ったりで、時間をつぶされる。
そんな逆境にもめげず4時過ぎにVIGAN(ビガン)と書かれたサインの下を通り抜けて 街中に入り 今夜滞在するホテルを探して廻った。
P1010049.JPG
P1010050.JPG
少しくすんだ町並みはフィリピンのどこにもあるような雰囲気で 少しテンションが下がるも!
P1010057.JPG
探し当てたホテルの 古いほのかなロマン漂うホテルの外観を見て、やっと念願のビガンに着いたとほっとする。
P1010062.JPG
古いホテルの形 古い柱や、梁の太い天井の骨組みに見とれてしまった。
P1010063.JPG
昔の様式を漂わせたホテルにチェックインし、さっそく表で待ち受けるカレッサ(馬車)に乗り市内見物に出かけた。
P1010061.JPG
P1010069.JPG
馬車は最初に、これまた古い教会に案内してくれた、マりヤ像と古いベル塔のある教会で 中はやはり 木作りの荘厳な雰囲気がある。
P1010051.JPG
P1010055.JPG
訪れる人の気持ちを厳粛にする教会を離れ、馬車は古い街並みを闊歩する。
P1010064.JPG
街を一周するが 色々な建物が崩れそうになっている、もったいない!もっと手入れをし綺麗にすればもっと観光客もやって来るだろうに?
P1010058.JPG
博物館も 今まさに改修と展示物の保存を始めたばかりという様な雰囲気?
P1010068-musium.JPG
観光地を謳うには、まだまだという感じがするのだが?
やっと昔の財産を保存することの大事さが解って来たと言う感じがする。
フィリピンの観光事業の大切さが、市を巻き込んで一大事業に発展しそうな予感がします。
古 い昔の商店街のような街並み、希少なフィリピンの財産、ますます保存が発展し展開する事を祈りたい。
昔、戦争当時に日本軍が撤退の時、街並みを全部燃やしてしまえとの命令が出ても 一人の日本人将校が命令を無視して!
街を守ったと言う?美談もある街だそうだ!、今後ますます栄えて行ってほしいと願う。
P1010070.JPG
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP