ウッドベルツアーズ

どんどん外食産業の出店が相次ぐフィリピン   

2014年06月27日

フィリピンにも日本のチエーン店(コーヒー、ラーメン、牛丼、)の店が続々出店してきています。
セブンイレブンや、ミニストップと同じ業態の 日本からのチェーン店もマカテイにお弁当を引っ提げてやって来ました。
その他 従来からあるフィリピンのチェーン店なども、今までとは違い、いかに味を良くするか、見栄えを良くするか?の成熟期に入ったような気がし ます。
しかし一番問題なのが、売り値、一般的には100ペソから150ペソの上値で大衆化しなければならない為に 原価率との葛藤が続いていると思われます。
美味しく 見映へ良く となると!安値圏では原価率は最低でも60~70%を越えます。
いかに人件費が安くとも、一人一つの事しか出来ないフィリピン人をコントロールするのは並大抵ではありません。
日本人なら1人で出来る事がフィリピン人を使うと3人必要になります。(中一人外一で出来る事が、中外で4人必要)
いや!もしくは、1年の研修を経てやっと役に立つと言う具合です。
ですから粗利3割では、もうギリギリの線です、でもスケールメリットがあればやって行 けるかも知れませんが?
最低原価率は5割までで 抑えないと難しくなります。
ですから 今までは、見栄えもそこそこ味もそこそこ(味も見栄えも良くない)のフィリピンの外食産業が多かった。
でも、99ペソで展開する店などは、見栄えで商品を大きく見せる為に 骨付きをそのまま焼いたり という工夫を凝らすようになった。
これも進歩だし、モールに入って居る店舗でも味の改良がずいぶんなされ始めた。
今まではメニューと実際出て来るものでは とんでもなく開きがあつたが、それも少しづつではあるが改善がみられる。(流行っている店はの話である)
やはり100ペソの原価5割では、あまり良い物は出来ない、なんせフィリピ ンは食材(野菜や良い肉類)の値段が ものすごく高い。
安くて良い物が本当にない。(これは断言できる)
悪くて よく無い 野菜や肉類は安いが これは提供に疑問符が残る!(普段のフィリピン人はこんな物を食べている)
寿命60歳台だと言うのは、現地のトロトロレストランを見れば一目でわかる。(日本ではほとんど昭和初期の衛生の有り様に思える)
いやー!これは日本人が厳しすぎると言われれば そうであろうが?(私には当たり前に思える)
まあ一概に批判は出来ないが 後は それぞれ見解にお任せするとして!
いろんな外食店のフィリピン進出には競争の原理が働き より切磋琢磨が進むだろう。
なので どこのお店も、これで良いなどと 高をくくっては いられない現状が出てきた。
そう 当店も同じである、これからは美味しいもの又は、自店だけのオリジナルに特化してゆかねばならぬ!
そんな時代がフィリピンでも幕開けしたように思える。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP