ウッドベルツアーズ

お客さんに言われて、ひとりごと!   

2014年07月24日

マスター最近 店に力が入っていないんじゃないの? えーそんな事 無いですよ!
でも!お店には いないし、ブログばかりやってんじゃないの?
いえ!ブログは余った時間を利用して書いています、 けっこう 何や!かや!の野暮用が有るんですよ!
それはいいけど!最近 店の味が少し落ちてんじゃないの?
この間なんか チャーハン食ったけど 味がフィリピンナイズしていたぜ!!
そうなんですか?申し訳ありません。
少し経営方針をフィリピン人に近づけ 彼らの努力を今見てみようとしているんです。
では、今日は、その話をしてみようと思います。
今までは、ある意味でフィリピンのメリットと言うものに着目していました、それは人件費が安いという事です。
でも!それに準じるという事は、フィリピン人には 努力をしても家 族が食えないくらいのサラリーしか もらえないという事です。
私は そこに ある疑問を感じて、君たちコックが日本人がおいしいと思える味作りをして、綺麗で衛生的な仕事をすれば!
仕事ぶりを見て 最低給料を1日500ペソまで引き上げる と言うものです。(時間外手当 等は相応をプラスする)
一ヶ月10000ペソの最低基本給が15000ペソに上がります、しかしその条件は日本人に美味しいと言われるものを作り出す努力に有ります。
クオリティの高いものを作り出すには、それなりの技術料を支払わなければいけないという事です。
アドバイスはいくらでもする、今までやって来た事と 教えられたことを駆使して 美味しいものを作りなさいと!
人件費が安いからと bそれにかまけて、身近な従業員まで 貧困の中に置いてよいものだろうか?と言う事からの出発です。
店の利益が 働く人々に還元できるシステムを作って行くことが フィリピンを良くする一歩だと思いました。
働く条件をもっと改善して行こうと考えています。(適正な給与で生活を守るようにする)
きちっと適正な利益を還元していく事が いい関係を保つ秘訣ではないかと思ったからです。
まだその途中に居ますが、今後 競争戦力としても 意味のあることかもしれません。(まだ解りません)
従業員と共によくなると言う事に重点を移して行こうと思います。
まあこんな事は、家内工業的な小さな店で、共に働き作ってきた従業員 がいる場合に限っての事ですが!
そう決めて 逆に 今 従業員に店をまかせて取り組をさせているところです。(かえって味が悪くなるかも?)
まだまだ始めたばかりで、どうなるか解りませんが!我慢出来る所まで(忍耐と努力で)頑張ります。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピン求人情報

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP