ウッドベルツアーズ

バンバンの山奥に暮らすアエタ族   

2015年01月14日

日本人の軍属が作ったトンネルが有ると言われるバンバンの山の中!(そんな物があると聞いて探しに行った)
マッカーサハイウエイから山並みに入り車で40分ぐらい舗装された道路が終わり、次に現れたのが!山の頂のがたがた道。
それに沿ってゆっくり進むと!周りはもうジャングル!(普通車では行けない4輪駆動の車でないと到底着く事も難しい)
車では、これ以上行けない、車を降りて 歩くこと15分! 
山の中で、いまだ原始的な生活をするアエタ族の村に着いた。
本物のバンブーハウス、家畜と共に生活し、総勢10軒ぐらいの集落で粗末な建屋に住んで居るが、子供が沢山居る。
master-150113.jpg
ヤシの屋根に山の湧水、でも驚いた事に一軒の家の軒先には携帯をいじる若者とバイクがおいてある。
文明の利器はこんな村にまでも、もはや来ている、なんか私達を もの珍しそうに見ている。(よそ者が何でやって来た?)
のぞいた一軒の家では、赤ちゃんを抱いた 若いパパに逢った。(でも笑顔で歓待されている様な感じで皆が集まって来る)
年を聞くと15歳だと言う!奥さんは13歳 この村では12歳で結婚が許されていると言う?
master-150113-2.jpg
そ こで旧日本軍が作ったトンネルは何処にある?と聞けば、この村の横にある崖の下に有り 案内すると言うが?
60過ぎの爺さんでは、降りる事は出来ても 登って帰ってくる事が難しそうなので!残念だが、やめておくことにした。(でも今回は、それに代わる 貴重な体験をした)
私も初めてアエタ族の 山で暮らす本物に 出会う事が出来た!
髪の毛はちりちり色が黒く一見原始人そのもの!でもティシャツを着ている。
でもパンツは、はいていない、昔の日本のふんどしのような下着を付けているので、どういう下着を付けているの?と聞いたら、それを見せてくれた!(裸足で山道を登る70過ぎの老人)
非常に元気で、なんか私達が完全に負けて いる様感じがした。(疲れたが面白い体験だった)
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP