ウッドベルツアーズ

男の更年期   

2015年06月06日

大丈夫さバイアグラがあるさ と!こんな事を言うおじさん達がいるが!
男の体を理解していないと言うか、自分の事が解らない人達が多い。
まあここまで来て遊ぼうと言うのだから、きっと元気なのでしょう?
ある意味では、とても良い事ですが!普段の生活で元気がないとか?
やる気が失せていく と言う症状で、更年期障害と診断される人が増えているらしい。
男の更年期と言うのは男性ホルモンが大きくかかわっていると言う事だが。
女性の更年期障害に比べ、あまり知られていないのが現状だ。
これはフィリピンだとか日本だとかは関係ない!すべての男に関係することだ。
男性ホルモン(専門用語ではテストステロン)の低下をきたすと男性機能の低下や倦怠感を引き起こすと一般的に言われている。
症状的には『朝だちのある、なし』がこの症状の目安になるとドクターは言っていた。
そういえば、私自身ここんとこ!そんな兆候はほとんど 無い状態が続いている。
なーん てね!・・・私も以前から承知している更年期障害のEDだと。
まだ若い50代の人でも1月の内 朝だちが1~2回程度では、男性型更年期障害であると 思わねばなりません。(自身の経験から)
私も受診をしてEDの治療を施したことがあるので、大まかな事はわかります。
現在はあきらめて放置状態です(たぶん日本では可能だが、フィリピンではどうか解らないからです)
男性ホルモンであるテストステロンは、夜間の睡眠中に作られる成分で正常値は11,8なのだそうだ。
最近の治療方法は、イスラエルで開発された衝撃波を使う治療方法で(マシーンED1000を使用し)約20分間照射して血管を刺激する。
(EDを根本から治癒させる機械だそうだ)
愚息に衝撃波を照射して血流の改善を促し、新たな毛細血管等の形成を促すという治療だそうだ。
また塗り薬も併用して使い(テストステロンゲルを外側から塗り)つまりは、男性ホルモンを愚息に塗布し気力の充実を図る。
(2段構えで治療は施される)
一方 男性機能不全(ED)治療薬「バイアグラ」とは一線を画すものだそうです。
最近アメリカでは、性的欲求低下障害を抱えた女性向けの治療薬も開発されていると言う。
【ニューヨーク時事】米食品医薬品局(FDA)に諮問委員会は4日、同治療薬「フリバンセリン」を条件付きで承認するようFDAに勧告する。 
男女とも一度元気のない人はトライしても良いのではないかと思います?
バイアグラやシアリスは、あまり体には良くないと言う報告もあるそうです?
体は根本から直していった方が良いに決まっている!とおもうのですが!
又いらない余計な事を書いてしまつた!(笑)
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP