ウッドベルツアーズ

時代と人間の挑戦(飛躍的発展の狭間で)   

2015年08月04日

若者は気力、体力に満ち無限の可能性に溢れているが、未知の未来に向かって挑戦しなければ 無限にむなしいだけだとおもう。
なぜなら、年と共に身に着く知識や技術や経験が無い 又は浅い!
代わりに年の功とは、人生の蓄積であり熟練だ、年だけ取って何の蓄積もない者は 現役時代を ただ単に 自分の持つ時間を切り売りして 過ごしてきた人に過ぎない。
気力 体力に充実して働ける時は、遠い未来の保険金支払いなどに想いを煩わせず、可能性にチャレンジし自分の未知なる可能性に 全力を注入する方が良い。
年金をめぐって若者と第3期の人達とが対立するような構図は、文化継承の障害となる。
年金は自力で泳げなくなった人の浮き袋。
若者も今は実感が無くとも、いずれその時は必ず来る。
また第3期の年少組は、まだまだ自力で泳げるし、年中組も条件付きでなら泳げるだろう!そうありたいと願っている。
私も若い若いと想っている間に、いつの間にか先輩たちが退陣して行き、年長者を追い越して いつの間にか自分が年長者の部類に入る歳である事に気づき愕然とする。
万年青年のつもりが 今ではシニアの仲間入りを果たしてしまった。
しかし時は残酷にも、人類が猿に決別をして 文化を持つようになってから 数千年も 少年老いやすく 老人ボケやすくを 繰り返してきた。
だが!近年今どきは違う、コンピューターが発達し、機械文明は良くも悪くも飛躍し。
人類が数千年間かけて 築き上げて来た文化は、戦争における武器開発で、核兵器やロケット技術 ロボット技術で 月や火星 冥王星まで到達している。
コンピューターは限りない知識を蓄積し、人工知能を生み出し、医学は人間の複製をも作りだし、人間の体と構造をDNAレベルで解析することに成功した。
また、現代人の持つスマホは インターネットで世界を席巻している。
ジエット飛行機は、地球の都市を短時間で結び 世界を狭くし 成長し続ける産業は各種公害を引き起こし、地球は温暖化、人類は地球そのものまで破壊する力を手中にしている。
これほどまでの凄まじい発展を遂げたのは、原爆が広島、長崎に落ちてから今日までの70年間の間で起こったことである。
この飛躍的な科学技術の進歩を経験をしたのは、この70年間の間に生まれた私達だけなのです。
このような劇的な変化を経験した人類の現役者は、それ以前の歴史の延長線上にはいません。(特殊な時代を生きた人間と言えるだろう!)
今どきの若者と、高齢者の世代間的断絶は、過去に見る子供と老人の距離とは全然違う物となっている。(人間がこれほど長く生きた時代は 初めての事であり、長寿が普通)
シニアが若者に向かって、『今時の若者は』などと、安易には批判できないし、同じ様に今のシニア層を歴史上の過去の老人達とは比べる事は、もはや出来ない。
肉声のコミニケーションを妨げ、無機質な機械文明のメールなどの、極端な便利性が若者と老人たちの相互理解を妨げているのではないか?
合って膝を突き合わせ 会話をすれば解り合える事も 電子メールでは意味合いが異なる事も出て来る。(機械中継語と肉声では同じ言葉でも意味合いが違ってしまう)
科学、機械文明も人間の飛躍的文化の発展も 良い文化と 悪い文化に分れる。
核兵器や大量破壊兵器は悪い文化の代表だろう、人と人のきずなである社会保障は重要な機能文化である、この制度の崩壊は 国と文化の崩壊につながる。
今の時代、若者は未知の未来に戸惑うことなく無限の可能性に挑み、気力体力があり自力で働けるシニアは、動けなくなるまで働き、共に社会を支え合うのが正解の様な気がする。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP