ウッドベルツアーズ

無防備、脇の甘さが犯罪人を作る   

2015年08月10日

イカウ(あんた)がやったことはドロボーだ!私でなければ刑務所に入らないといけない!
そしたらもっと家族は困窮する10,000(一万ペソ)で妹の病気は治るのか!治らないだろう?
これからも毎月お金がいる、親や、その他の兄弟もいるだろう?
もしイカウがモンキーハウスに入ったら、もっと困るのではないか?
何故そんな事を考えない!
取る時は、問題がありお金が欲しかった、もう!バハラナ(なるようになれの意味)でいいと思った。(金、現金を見たらもう止めるに止まらないのだ!)
もういい!次回の週給から500ペソ返せばそれで良い、毎月2000ペソで5か月だぞ!
やせた体に 又も追い打ちの様な方法だが それしかない!当方の心も重い。
フィリピン人なら、たいてい誰でも問題を抱えている。
しかし、人の金を取ってよい訳じゃない!(と日本でなら言えるが!・・・・?)
当店のヘルパーコックにしても自分の子供の病気で 薬代にも事欠く現状、問題は山積している。
彼も奥さんが出て行って両親とハイスクールに通う妹と彼の子供(男2歳)で暮らしているが、彼一人が働き一家を支えている。
フィリピン人は 病気になったら死ぬしかない、そんな現実が山ほどある。
私の力量では、従業員の全部をカバーする事などとてもできない。
だからこそ、金のない人達に犯罪を誘発させるような行為をしてはいけないのだ。
そこに金がある、だれもいない、今なら取れる!と言うそんな環境は創り出してはいけない事なのだ!
ある人は信じていたから長年勤めるドライバーに大金を任せたと言うが、フィリピン人で、同じ境遇にある人に、金を持たせておいて、信じていたからと言うのは出来心(持って逃げる行為)を誘発させる行為である。(現に現金を持ち逃げされたという)
金を取れる所に置きっぱなしで 自分は外に出る、たといそれが大したお金でなくとも!
そのお金を取れる(盗む)チャンスを作ると言う事が管理責任不行き届きで悪い事なのだ!
取る人より、取られるチャンスを作った人が悪いと言う事なのです。(なんか納得がいかない気がする!)
確かに理屈は合わない、でも!知らずしらず盗むチャンスを相手に与えている自分の姿こそ一番悪いと痛感させられた。
金が無い国で金があると言う人が居る事が、そもそも犯罪を作り出すと言う事なのだろう?
私など、お店のお金を従業員の前で簡単に数えているし、売り上げを作る為には仕入れが必要で、売り上げから今日払った仕入れの分を引く、もともと先に自分が立て替えて払っているだけの事で、その領収書の分だけの金を返してもらうと言う作業だが、毎日たくさんのお金を売り上げから、自分のものとして持って行くように見えるのだろう?
売り上げがすべて店主のものとしか見えない人には、売り上げ – 仕入れ = 粗利で
(粗利) -(人件費+家賃光熱費+その他)= 純利 (本当の店主の物)
なんて構図は誰も解ってはいないのだろう?
金を持っている人から盗む 貧乏で金が無いから仕方ない この常識が理解できない。
私も先日盗むチャンスをあげた人に『貴方が』悪いと言った事がある。(前回車を盗まれた人)
解っちゃいるけどやめられないと言う不用心、脇の甘さが犯罪人を作るのだ!
今後 私も心してかからねばならない事柄だ・・・私が悪いなら金はあきらめるべきか?
フィリピンで生きるなら、金を持たない方が生きやすい。
これが私の感じた人生訓である。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP