ウッドベルツアーズ

新大統領ドゥテルテ氏の課題と私の提言   

2016年05月16日

フィリピンにおける 抜本改革とは 何か?
貧富格差の是正であり 汚職の防止 ひいては 貧困の撲滅です。
言うは たやすいが実行は 極めて難しい問題です。
貧困層と 中間層、富を独占する上層では 不満の中身は、全然違うものです。
貧困層では 生活苦、、物価は上がるし 仕事は無いし 給料は安い。
経済成長しているって本当ですか?嘘でしょう!
中間層では、車が売れているのに インフラ整備が遅れ 渋滞を引き起こし、規制緩和も出来ず!
また通勤ラッシュも解消されず、凶悪犯罪は後を絶たず 空港不祥事は続く。
汚職追放を 公約の第一に掲げた現政権は、政治家から警官まで腐敗の実態は あまり変わらなかったと言う。
上層部では、革命といっても 結局 富裕層の権力争いにすぎなかった!と言い不満が残る。
*しかし現政権では、少なくとも汚職の軽減、高速道路着工(日本のODA3千億が決まり) 渋滞改善の見通しが少しつき始まったばかりである*
残念ながら歴代の大統領は、 抜本改革が出来ず なおざりにして来たのは事実の様です。
1986年の「ピープルパワー革命」その後も 経済の民主化は 進まず、少数のファミリーに 国の 富の 大半が 握られたままで 状況は変わっていない。
ドゥテルテ大統領だからと言って それが出来るとは限らない!
しかし多くの国民が海外に出稼ぎに出て、インターネットで瞬時に情報が伝わる環境の変化で フィリピンは、どれだけ遅れているかを知識層は皆知っている。
一世代前の様な、若い労働者層が 国を豊かにする という発想はもう通じない時代です。
また、売春国と卑下される国情をフィリピン人は皆嘆いています。
これだけは、どうしてもやってほしいと言う提言が3つあります。
1つ)国民の子供達 全てに教育の徹底。 
貧しい国でも若者が 教育を受けることが出来る環境になれば より豊かな国になれる。
.今のフィリピンは、若者の失業率が高い!景気が後退しているから?
いやそうではない、 求められる仕事は あるのに、多くの若者が話す言葉(英語)や その求められる 技能を持っていないからだ。
教育で世界から取り残され、 国を担う若者達の起業が 立ち後れになっているのだ。
2つ)若者達に雇用の創出を
いまフィリピンは、若者層を受け止める 経済活動(仕事と)雇用を創出するという国内産業の育成という 国家的な 課題を抱えています。
3つ)ドライバーにマナーの教育を徹底させる。
特に不正なアンダーテーブル(お金で)免許の発行は止めさせるべきです!
免許を発行する時には道路交通法などの教育を徹底させる。
慢性的な渋滞は、マナーのない運転が大部分を占める。(渋滞解消の必殺技です)
byすずめ。

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP