ウッドベルツアーズ

続 嘆きの人パート2   

2015年11月17日

やはりピンパブで奥さんと知りあつた64歳の男性の話。
奥さんは34歳で30歳の年の差である。
奥さんはその年でも ピンパブ勤めをやめない。(化粧をすれば26位には見えると言う)
どういう訳かその旦那は、いやと言う事が言えずに奥さんの 言うがままに振る舞っている 惚れた弱みだろうか?
彼女にもフィリピンに残してきた19歳の息子と16歳の娘がいる。(出産年齢15歳)
旦那に頼み込み19歳の男の子の養子縁組を成立させようとしているが!
16歳の女の子は、まだ学生なのでビザは簡単に出るが19歳になった男の子の養子縁組はフィリピンの法律では難しいと言う?
聞いた話なのでその内容は検証のしようが無いので解らないが。
2人の養育と言うのは並大抵では無く 収入の面から日本政府も資格認定に難関を示していると言う。
今回はビザが出ないと言う事であきらめて日本に帰ると言うが!
その息子を どうしょうと?言うのか 彼の相談内容だったが!
私も考えさせられる内容だった。
19歳まで学校にも行かず、仕事も無く フラフラ遊ばせておいて!
いざ日本に連れて行って 日本で何が出来ると言うのだろう?
ある意味で日本は競争社会、努力なしでは何ともならない。
日本の社会が良いからと言って、なんでも良いとゆうふうには、受け入れてはくれない!
日本に連れて行っても 言葉も出来ない、体を使う仕事も出来ないような人では?
社会の底辺で落ちこぼれるしか 先は無い。(ピンパブのウエーター位なら出来そうだが?)
ただ黙々としゃべらず言われた仕事を淡々とこなす男性社会(解体建築業)などと言う肉体労働市場は、何の教育のない遊び人の19歳の男では出来る訳が無い。
仮にもし、そんな努力家なら英語を勉強し海外の就職を考える気概があるはずだ。
母親の送ってくる金を目当てに遊びほうけた息子を、日本のどんな社会や 会社が引き受けてくれると言うのだろうか?
考えが甘すぎではないだろうか?
つづく

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP