ウッドベルツアーズ

フィリピンからのお土産   

2016年09月14日

今回帰る前に日本へのお土産にと、沢山のおかしや お土産品を買って帰った。
ロビンソンのスーパーで払った金額は 約8000ペソだったが!
しかし、品物別にいろいろ買いそろえ、これぞフィリピンのお土産と言うほど!
バラェティーに品ぞろえをしたお土産だったが!
全般的に不調で不評で終わった。
親戚縁者に渡したお菓子類も、食べてみてあまりおいしくないと言われてしまった。
フィリピンにはこんな おかし しかないの?
このバナナチップは日本のスーパーにも00円でもう出ているよ!(なんて指摘もされた、位で知らないのは私の方であった)
日本の様に!お菓子市場は、フィリピンでは まだまだ未開拓の様だ?
あるものを加工しただけで、おいしく しょうと言う試みがまだなされていない。
それでもいろいろタイプ別に自分なりに工夫し選び厳選したのではあるが?
もともと素材に砂糖をまぶしただけとか!・・・?
食べた人にもう一度買わせようとかのアイデアが無い。
日本では切磋琢磨し、いかに消費者に買わせようかと毎日市場調査に余念がない。
そんな企業努力の足あとが見えない。(全体的に甘すぎだと言う)
まだまだ幼稚な加工品の部類に入る。
フィリピンのお土産は美味しくないね!
小学校にあがらぬ前の子供にダメ出しをされるほどだ。
逆に言い換えれば、日本のおかしは厳選され考え抜かれていると言う事だろう。
良く昔、地方の土産にうまいものなし なんていわれていたが?
今では、(日本の国内)地方にこそおいしいものがまだ残っていると言われている。
フィリピンはまだ一昔前の日本の地方のような状態なのだろう?
いま日本の市場では、何兆円と言う市場規模になり各メーカーでは大人のお菓子なども!新しく発売され話題に上っている。
また日本の菓子メーカーの(乾物)商品がフィリピンのスーパーに沢山並ぶようになって来た。
値段は少々高いが結構売れている様だ!
私も、買って帰ったもの全般にわたり食べてみたが、もう一度買って帰りたいと想うものは1~2点ぐらいしかなかった。
やはり食の感覚もまだかなり遅れている。
中には日本とタイアップされて作られている商品もあった、それが結構うまい!
未開の国とのタイアップ、そんな発想がこれから進むかもしれない。
まだ好いビジネスチャンスが残っている国だと想われるのだが?
byすずめ。

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP