ウッドベルツアーズ

危機管理   

2017年01月12日

まず住む場所を考える。
最低限移動に車を持つ。
他人を家に入れない。
人は状況によって変わるので、信頼はいつも50%セントにしておく。
お金を見せない、クレジットカードを持つ。
いかに危険な国での生活を、 いかに 自分にとって 心地よい方向に変えていくか?
そんな事を 考える事が危機管理の第一歩。
同国人とて、友人を精査する、個人的には立ち入らない。
確固たる「正解や真実」など ないからです。
いろんな人がブログにも書いているが、異国で真の友情が育つかは?
かなり危険なかけです。
人は3年以上付き合ってみなければわかりません!
その人のバックヤードが解り資産内容が解ってこそ、信頼をすることが出来ます。
私もフィリピンで10年近く住んでいますが出会った人は旅行者を除き500人以上。
でも気心が知れているのは10本の指にも余ります。
フィリピンや世界は 決して平和ではない
そうだからこそ、 多くが個人の 幸福について どうしたものかと考え始めている。
出来る限りおだやかに老後を過ごす、それは本当にフィリピンで良いのだろうか?
此処には いったい何がある?ここに留まりたい理由はいくつある?
まず日本以外に意外と日本語が通じる国、気候が暖かい。
そして少しの英語でコミュニケイションが取れる。(外人には結構優しい)
物価が安く、貧乏人が多い、結構上目目線で過ごせる。優越感がある、
若い女がフレンドリー、カラオケが安い、日本人として大きな顔が出来る。
まあこれぐらいか?・・・・・でなんなのか?
男の見栄の典型だけでここにいるのだろうか?
健康、医療、快適さ、安全、金、資産、生きがい、人々、警察、社会構造、政府。
日本だけではない どこの先進国と比較しても そうだが?
この国は すべて見劣りするのに、なぜ此処に居たいのだろう?
不思議だ、オバーステイになっても金が無くなっても。
同胞を騙し、詐欺を繰り返し、寸借詐欺を侵してでも 日本に帰りたがらない魅力とは?
どこにこの国の本当の魅力がある。
危機管理をこんなに真剣に繰り返せねばならない国に!(自分でも不可解だ)
すずめ。

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP