ウッドベルツアーズ

デラロサ長官(PNP)は責任を取って辞めなさい   

2017年01月20日

いまや韓国政府も動き出す事態になった。(韓国ビジネスマンの誘拐殺人)
フィリピン・ナショナル・ポリス(PNP)警察の威信はもうなくなった。
警察本部の中枢で(デラロサのハウス、コンクラミーの中で韓国人は首を絞められ警官達に殺された。
(NBIからの発表で事件の概要が解って来た)
そんな事は自分の家の中(本部の中)で起こった事、情報が伝わらない訳がない?
デラロサ自身もこの恐喝殺人に関わっているのでは?との疑惑も出ている。
それか!部下の警官達に 威信もなく、バカにされているのか!どちらかだろう?
フィリピンの国民は、ドゥテルテに大統領に国が変わってほしいとの大きな期待を抱いて投票した。
そして新任のデラロサにも警察が変わることを期待しての就任ではなかったか?
それが彼のコメントでは!
いままでにもそんな事件はあった!
どうして私の時だけ!なぜそんな事を言う?
自覚の無さにあきれる!これぞ、フィリピンスタイルである。
フィリピン国民もこの事件には相当驚いている様だ!
多くのコメントがいま SNSでデラロサのリサインを求めている。
この事件には 葬儀社も深く関わり、死体を焼いたのも元警察官で現在はOBで。
葬儀社の社長を務める0氏 事件発覚と同時に身の危険を感じたのか海外に出国していた。
警察の腐敗もここまでくると、なすすべがないようにも思えるが!
もともとフィリピンの警察は国民の為でも庶民の為の存在でも無い。
そこを誤解してはならない!
フィリピンの警察とは国家の体制を守るために作られた組織。
治安の維持を最優先する組織で、泥棒や強盗、詐欺 殺人の犯人を追う組織ではない。
それはおまけの業務なので,力は入らない。
しかし、フィリピンへ投資する投資家の安全を守るのは国家間の決め事。
今回は国際条約にも抵触する。
フィリピン国民にも信頼の薄い警察。
国民の間では警察にお願いすれば金がかる。
被害者側には立ってくれない金を払う側に立つ。
警察に捕まれば命の保証はされたはずが?
警察の管轄内の刑務所や身柄拘束の拘置所内でも警官により殺される。
警察の一番本部、カンクラミーの敷地内で警官による殺人も今回起きた。
国民は何を信じたらよいか解らない。(元々警官と言うよりヤクザと言われる組織)
現在は無法地帯そんな国が発展で出来る訳が無い、中国のブラックマネーでの成長でしか無い。
byすずめ。

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP