ウッドベルツアーズ

電動バイクに赤信号   

2017年01月30日

免許も、ナンバープレートも、ヘルメットも、所持費用もいらない!
電気バイクに!新たに、こんな措置が導入されそう?
1 バイクに登録費用と税金
2 電動バイクにも運転免許が必要(ヘルメット着用義務)
3 そしてハイウエイは走れない(車輌の交通の多い公道)
こんなふうになるとLTOで話が出ていると テレビでのニュースでやっていた。
いつ実施されると言う話はまだ聞こえてこないが!
電動バイクにも規制が課されるようになるのは、近いかもしれない。
モーターバイクと電動バイク、もはや見分けのつかないような形もあるし。
公道では遅く、車から見ると結構危険な存在ではある。
しかし乗る側から見れば、こんなに手軽な乗り物は無い。
1回の充電で30~40キロは乗れるし 結構パワフル、55キロ以上は出ないが!
それでも ちょこちょこ乗りには とても便利、買い物などには重宝している。
それがモーターバイクと同じ扱いになる?と!その利便性が極端に落ちる。
我ら高年の外人には免許がいらずに、自転車の様にこぐ手間もかからず!
2人乗りも出来!ヘルメットもいらないし、登録の手数料もない!
こんなうれしい乗り物は無かった。
出来たらそっとしておいてほしい!という願望は私自身には結構強い!
今までさんざんバイクでは警官の餌食になった。
ヘルメットのなしでの罰金や、登録の更新書類不積載(登録更新のペーパー)
を持っていないだけで 講習会で 2500ペソとか?
電気バイクにしてから3年間一度もそんなペナルティーは無かった。
政府はいろんなものに税金をかけ始めて来た!
やはり持てる人から税金を取る事ばかりを考えているみたいだな!
と!!フィリピン人も嘆いていた。
モーターバイクと変わらなくなったら、誰も買わなくなって!
需要はかなり冷え込むと思うのだが?
byすずめ。

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP