ウッドベルツアーズ

警察に狙われる韓国人2   

2017年01月31日

先日韓国人が殺された事件で、初めてドゥテルテ大統領から!
韓国人の皆さんに対して 謝罪のコメントが出た。
そして警察内部でも警察以外の人でもこの韓国人の事件で警察官の幹部を知っている人間がいれば!
警察に申し立てれば1ミリオンの賞金が出ると言う話にもなった。
しかし、別組織を作り中立を確保しなければ中々ヘッドは顔を出さないだろう?
よほどメディアとバト-デラロサへのダイレクトのパイプが無いと難しい!
でなければ訴えた人は PNPに、殺される覚悟で臨まなければならない。
7~8人の下部組織警察官を捕まえて罰し、終わりにするつもりだろう?
9,5ミリオンの金も出て来ないし、警察幹部の名前も出て来ない。
その上韓国の人達が事件に遭遇する確率はフィリピンではたぶん変わらないだろう?
理由の一端が此処にある。(韓国メデアが紹介している)
2013年~2015年にかけて、フィリピンで殺された韓国人が31人。
2016年も計9件の殺害事件が起こっており、犯人のうち4人は元・現職警察官だと言う。
韓国人被害者が増えているのは、“金銭トラブル”が主な原因と分析されている。
参考記事:ここ3年間で31人も!! フィリピンで韓国人の殺害事件が急増するわけ!
問題はそれほど単純ではなさそうだ、こんなに多く韓国人が事件に合ったり!
殺されても、それでもフィリピンを訪れる韓国人旅行者が 多くいるからだ。
しかも韓国文化研究院が発表した「2012年国民旅行の実態調査」によると、
50代以上の海外旅行者数は3年余りで40%以上も増加したという。
ある韓国メディアは、その理由をこう報じていた。
50代中年男性が中心となっている東南アジアのゴルフ旅行は、すでに
“海外遠征買春ツアー”と同じような扱いを受けている。
そのなかでもフィリピンは韓国の中年男性たちに圧倒的な人気を誇る。
最近では中年ばかりでなく若者も多いようで、2015年8月にはフィリピン人女性を買春した!
という韓国人男性207人が検挙される衝撃の事態も起こっている。
買春目的でフィリピンに訪れた韓国人男性が多くあり、子供を作っては責任も取らず!
国に逃げ帰る 混血児“コピーノ”の問題も注目されている。
もしこういった実状がフィリピンで起こっている悲劇の遠因だとしたら!
韓国側にも自らの素行を省みなければならない部分もあるのではないだろうか?
byすずめ。

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP